02/12 : History is his story


Art of Heart ∈ 思考 69 空想 ∋ Word of World

東大寺、戒壇院前

古今東西:02/12:Today in History


0745/0212(天平勝寶06/0116)鑑眞、日本へ

唐の鑑眞068863、遣唐副使の大伴古麻呂??0757に伴はれて、來日。
『唐和上東征傳』『續日本紀』によれば、
 鑑眞、俗姓は淳于氏。十四歳で得度した。十八歳で菩薩戒を受け、二十歳で唐の京の長安に入った。翌年、「登壇受具」して、律宗と天臺宗を學んだ。律宗とは、僧尼が遵守すべき戒律を研究する宗派といふより學派だが、鑑眞は四分律にもとづく南山律宗の繼承者となり、四萬人以上に受戒したと云はれる。つまり、日本人が戒律の僧を求めて渡唐した頃、鑑眞はその分野の第一人者であった。

0733、出家者に正式な戒律を授けるための傳戒師を日本に招請すべく渡唐した榮叡??0749や普照?0754?は、唐滯在十年目にして揚州大明寺の鑑眞068863に拜謁、畏れ多いことであったあったが事情を説明し日本渡來を要請した。鑑眞は即座に應じた。しかし、榮叡は0749 鑑眞渡唐に苦勞するうちに病に端州の龍興寺で逝去した。それを普照が看取った。普照は鑑眞一行を連れて日本に戻ってきた。

二人の僧を遣はした日本では、すでに佛教は或程度根付き、私度僧の自誓受戒が手前勝手におこなはれ無法状態となってゐた。そのため、國家は受戒のできる僧を十名ほど招請するために二人の僧、榮叡と普照とを遣はしたのであった。その事を鑑眞に話した。行く者はあるかと鑑眞は弟子に問ひかけた。が、應ずる者はゐなかった。では、と鑑眞はみづから海を渡り日本へ行くことに決めた。師のその決断に二十一名の弟子が随行を願ひ出た。そして、渡海の行動が始まる。そこで鑑眞一行の渡日は拒まれる。

最初の渡海の計画は0743の夏、だが、僧のなかから港の役人に「日本僧はじつは海賊」といふ僞の密告がなされ、日本の僧二人は追放された。

二囘目は0744の一月、海へ出たが、暴風雨に遭ひ、明州へ引き返へさざるを得なかった。

三度目となる計画は、鑑眞の離唐を惜しむ者の密告で再び日本僧の榮叡が逮捕され、三度目も失敗となった。

その後、榮叡は病死を裝って脱獄に成功し、鑑眞のもとに行き、江蘇や浙江からの出航は困難だから、福州からの出航を計画し、福州に向かった。だが、この時も、鑑眞の弟子のなから役人への密告がなされた。ために四囘目も失敗となった。

0748、榮叡が再び鑑眞のもとを訪れ、懇願すると、鑑眞は肯いて五度目の渡日決行を諾する。今度は無事出航できた。舟山諸島で数ヶ月風待ちをした後、十一月、日本に向かったが、暴風に拒まれ、十四日間の漂流の末、一行の船は南方の海南島に漂着した。鑑眞はこの地に一年間ほど滯在することになる。

0751、揚州に戻るために鑑眞は海南島を離れた。その途上で、榮叡が死んだ。この時、鑑眞はなぜか天竺へ行かうとしたが、周圍が停めた。この時以降の鑑眞は、不慣れな南方での生活や心勞のためか、兩眼とも失明状態となってゐた。

0753、日本からの遣唐大使の藤原北家清河??0778が鑑眞のもとを訪れ、改めて日本への招請を願った。鑑眞は應じた。が、これを明州の當局が識るところとなり、清河は鑑眞の同乘を拒否せざる得なくなった。これを見て、遣唐副使の大伴古麻呂??0757が、清河には内密に、自分の乘る第二船に鑑眞を乗せた。0753/1215、四つの船が同時に出帆した。第一船と第二船は1221に現在の沖繩本島に到着、第三船はその前日に到着してゐた。

沖縄に滯在すること約半月、0754/0103、三つの船は一緒に沖縄を發して多禰島(種子島)に向かった。出港直後に大使の清河と何十年ぶりかで歸朝する阿倍仲麻呂069870を乘せた第一船は岩礁に乗り上げ座礁したが、第二船と第三船は無事に日本をめざした。が、第一船は流されて越州(ヴェトナム)に漂着。仲麻呂の歸國は叶はなかった。仲麻呂は、ふたたび長安に戻って、その地で登り來る月に望郷のおもひを詠った「天の原、ふりさけみれば春日なる、みかさの山に出でし月かも」、さうして、その異國の都で世を去った。

鑑眞一行の乗った第二船は七日後に現在の屋久島に到着、そこはもう日本の地であった。六日後、大宰府をめざして出航、翌日第二船は遭難するも、その次の日=0754/0117、薩摩の秋目(秋妻屋裏=坊津)に漂着。大安寺の延慶に迎へられながら大宰府に到着した。それから、奈良の京に入ったのは、翌年の0754/0302(天平勝寶06/021204)のことであった。

大宰府滯在中、觀世音寺に隣接する戒壇院で鑑眞は日本で最初の受戒を擧行した。
・平城京に到着すると、孝謙天皇の勅により戒壇の設立と受戒については鑑眞に一任、鑑眞は東大寺に住することになった。
來てみれば、必ずしも諸手をあげての歡迎といふわけでもなかった。既存の佛教界は、今も昔も變らぬ日本人のタコツボ魂性で異國の大僧を遇したらしい。弟子の一人が憤慨して書きのこしてゐる。

鑑眞は東大寺大佛殿に戒壇を築き、聖武上皇から僧尼にいたるまで四百名に菩薩戒を授けた。合はせて、常設の東大寺戒壇院が建立された。大宰府の觀世音寺、下野の藥師寺にも設置され、戒律制度は整へられていった。

0758(天平寶字02)、047淳仁大炊073365天皇により鑑眞は大和上(だいわじょう)に任じられ、政務の勞苦から解放するために僧綱の任は解かれた。

0759(天平寶字03)、新田部親王??0735の舊邸跡が與へられ、その地に唐招提寺を創建、戒壇を設置した。鑑眞は藥草や彫刻美術などの造詣も深く、悲田院を作り貧民救濟にも手を延ばした。

0763(天平寶字07)、唐招提寺で遷化。享年、七十六。弟子の忍基が、鑑眞の座像を脱活乾漆(麻布を漆で張り合はせて骨格を作る技法)で鑑眞の面影を永遠に形象して後世へ傳へた。


{私は『鑑眞和上像』を奈良の國立博物館で見た。それはいくつかのスポットライトで照らされ、霊安室にでもあるかのやうであった。座像は身近に見られ、前後左右からも一周して見られるやうになってゐた。私はぐるりと佇みながら一周、また一周、もう一周したかも知れない。それは、私の生涯に何度もない、貴重な藝術體驗となった。
「若葉して御目の雫ぬぐはばや」と松尾芭蕉164494を感動させたその正面のお顔を拜見して側面、背面に行くとその坐像の感じは、正面とはまさにまるで裏腹に、なにかしら太々しい力強さを帶びて見えてきた。背後に立って、そして、私も腰を下ろしていくにつれ、鑑眞の不屈なるその魂性を目の當たりにしてゐる氣になっていった。正した背筋からすっくと伸びて、いかにも(中に鑑眞の腦髓が入ってゐるかのやうに)形のよい頭蓋骨へと繋がっていく首筋の力強さ。ゆっくりと視線とともに立ちあがっていくと、眼下となった鑑眞の座像は、光線の加減もあって、頑丈なる、不屈なる精神の塊に見えてきたのである。私は、鑑眞の渡海のことを重ね思ってゐたにちがひない。
前に戻って見れば、圓滿相の、微笑を含んで見える、ものやはらかげな鑑眞の圓寂した顏である。
この座像は鑑眞の死の直後に、鑑眞を型取るやうに弟子たちによって造られたといふ。
佛師には「一刀三禮」といふ座右としなければならぬ銘があると聞いた。刀や鑿を入れるごとに三度禮拜するといふことだが、それ以上の思ひがこの乾漆による座像の制作には込められてゐるやうに思はれた。日本で作られた最初と云っていい肖像だといふことだが、最初にして最高のものだと私は思ってゐる。


0881/0212

Pope John VIII crowns Charles the Fat, the King of Italy: Holy Roman Emperor
Charles the Fat=Charles le Gros=Karl III der Dicke 083988

1429/0212

English forces under Sir John Fastolf defend a supply convoy carrying rations to the army besieging Orléans in the Battle of the Herrings.

1502/0212

Vasco da Gama 146024 sets sail from Lisbon, Portugal, on his second voyage to India.

1541/0212

Santiago, Chile is founded by Pedro de Valdivia.

1554/0212

A year after claiming the throne of England for nine days, Lady Jane Grey is beheaded for treason.
ロンドン塔に幽閉されてゐた元イングランド女王 Jane Gray 153754、夫のギルフォウドとともに斬首刑に。
Jane はイングランド史上初の女王として卽位したが、在位は僅か九日間で、MaryⅠによって廢位された。そして、その後七ヶ月、ロンドン塔に幽閉され、大逆罪で斬首刑となった。夭折、十七歳。

1593/0212:Japanese invasion of Korea:

Approximately 3,000 Joseon defenders led by general Kwon Yul successfully repel more than 30,000 Japanese forces in the Siege of Haengju.

1689/0212

The Convention Parliament declares that the flight to France in 1688 by James II, the last Roman Catholic British monarch, constitutes an abdication.

1733/0212

Englishman James Oglethorpe founds Georgia, the 13th colony of the Thirteen Colonies, and its first city at Savannah (known as Georgia Day).

1736/0212

マリアテレジア、フランツシュテファンと挙式

1889/0212

黒田清隆184000首相、『超然主義』的演説。

1894/0212

Anarchist Émile Henry hurls a bomb into the Cafe Terminus in Paris, France, killing one and wounding 20.

1909/0212

The National Association for the Advancement of Colored People (NAACP) is founded.
全米黒人地位向上協會、設立

1912/0212:清朝皇帝、辛亥革命により退位、清朝滅亡。

隆裕太后代表末代皇帝溥仪发布退位诏书,并授权袁世凯组织临时共和政府,清朝灭亡。
皇帝溥儀がまだ幼かったため攝政してゐた隆裕太后が皇帝退位を決断、清朝滅亡して、袁世凱により臨時的な共和政府=中華民國が發足。

1921/0212:第一次大本事件、内務省によって決行

出口王仁三郎187148ら大本教の幹部が不敬罪で一齊檢擧
内務省が新宗教の『大本』にたいしおこなった宗教弾圧。1921(大正10)に起こった第一次大本事件と、1935(明治10)の第二次大本事件がある。特に第二次大本事件では、大本は壊滅的打撃を蒙った。
・明治時代の後期に「お筆先」の出口直183718の神憑りを中心に發足した大本教は、出口王仁三郎187148によって勢力擴大して、1919(大正08)/1118には(明智光秀152882の居城であった)龜山城の跡地を買収し、本據地の綾部にならぶ本據地の建造を計画し、翌年、大規模な神殿の造營を始めた。また、大阪の有力新聞だった大正日日新聞を買収して言論活動も活發化させた。また、内部的には、「大正維新」「大正十年建て替へ說」を唱へた淺野和三郎187437や谷口雅春189385が王仁三郎と対里するやうになった。彼等の終末論にたいし王仁三郎は肯定も否定もしなかった。
・第一次世界大戰、ロシア革命の餘波、社界的混亂の世情に、大本の「世直し」は大きな反響を巻き起こした。この信仰宗教にたいして、世間を混亂させるとして批判するマスメディアも現れた。
・内務省では、大本に陸軍海軍の幹部軍人が多數入信したことで警戒感を抱いた。
・大本は、國常立尊といふ三貴神の神を天照大神よりも重要視してゐることが、天皇を現人神とした明治政府には危險思想に見えたのであった。1920/08に内務省は大本の經典『大本神論・火の卷』を不敬と過激思想を理由に發禁處分とした。
・京都府警も王仁三郎を呼びだし、豫言をしないやう溪谷。
・/09には出口ナホの奥津城を「天皇陵に酷似」として墓地取締規則違反を適用し罰金と改修を命じた。
・時の原敬185621首相も大本に批判的であった。

・1921/01、檢事總長平沼騏一郎186752は大本檢擧を命じた。{この平沼騏一郎といふ後に総理大臣まで登りつめる司法官僚は『大逆事件』でも檢事として冤罪を捏造した前歴がある。
・/021212、内務省は「不敬罪」と「新聞紙法」違反の嫌疑で、大本教團關係各所を捜索、出口王仁三郎と教團幹部を檢擧した。警察では大本が武裝してゐると想定して、必死の覺悟であった。武器の一つでも發見できれば「内亂予備罪」を適用するつもりであったが、何一つ發見できず、『大逆事件』の再現を想定してゐた當局の思惑は完全な空振りに終った。
・だが、/0510、報道が解禁になると、新聞をはじめとするメディアは「國體を危うくする大本教の大陰謀」「淫祠邪教」「惡魔の如き王仁三郎」などと扇情的に書き立て、世情を煽った。
・大本二代目の出口すみ(王仁三郎の妻)は「これもみな神樣のお仕組でございます。かへって大本教の眞相が世間に知れるのであらうと喜んでをります」と大阪毎日新聞に答へた。教團内部にも王仁三郎夫妻を追放しようとする動きもあった、すみは動じなかった。
・王仁三郎は百二十六日の未決収監のあとで保釋されたが、當局は開祖の奥津城のさらなる縮小を命じた。
・0916に審理開始、1005の第一審判決では、王仁三郎は不敬罪と新聞紙法違反で懲役五年、淺野は不敬罪で懲役十ヶ月、などの有罪判決が下った。審理は実質二日間といふ異例の短さであった。大本側は即日控訴、檢察側も淺野の量刑を不服として控訴した。
・1014、すみと王仁三郎は教主・教主輔を退き、三代目教主には長女の出口直日が就いた。『皇道大本』も元の『大本』に戻した。教團内部では、王仁三郎に從ふ者、淺野派、福島派などの相互對立が深まる。そんななか、王仁三郎は1018から『靈界物語』の口述筆記を開始した。
・1924/0212、王仁三郎は責付出獄が許され、植芝盛平188369を含む六人をしたがへてモンゴルへの布教活動に日本を出て行った。/06にはモンゴルのパインタラで馬賊の張作霖187528に襲撃され九死一生の事もあったが、0725歸國、1101には保釋された。
・裁判は、大阪控訴院第二審は第一審を支持。裁判は大審院まで爭はれ、大審院が「前審に重大な欠陥あり」として前判決を破棄、控訴院に差し戻した。
・再審理中の1926(大正15)/1225、大正天皇の崩御で、翌年/0517、免訴となった。だが、當局の大本への警戒は解かれなかった。
・第一次大本彈壓と王仁三郎の『靈界物語』による教義により、多くの幹部や信者が大本を去って行った。そのうちの淺野和三郎187437は『心霊科學研究會』を作り、谷口雅春189385は『生長の家』を興した。

・第二次大本彈壓事件、こっちのはうがもっと大掛かりにフレイムアップされた彈壓事件となった。日本が不況に喘ぎ、戰爭氣分へと突入して時期と重なり(かした時代状況を活用して王仁三郎は大本を以前に増した組織に育ててていった)、日本全體を卷き込む大事件へと炎上していったが、この事件については別の機會(1935[昭和10]/1208に事件が警察により引き起こされたので「1208」の日に讓ることにする。だいぶ先のことだけど、續けてゐるかな)。

・とにかく、出口王仁三郎187148といふ人物の茫洋とした樂天家ぶり、「余は、世間からかゝる誤解を受けることが必ずしも余自身のために不利益であるとすら思ってゐない。かかる誤解から轟々たる非難の聲が起こって、余のために騷ぎたてる世の中をジット眺め、そのために自分がへたばるかどうかと靜かにその行末を見守ることもまた面白いではないか」と身に降りかかる災難を他人事のやうに口にする王仁三郎の、その不可思議な魅力を感じないではゐられない。
https://is.gd/qPupaB

1924/0212

George Gershwin's Rhapsody in Blue received its premiere in a concert titled "An Experiment in Modern Music," in Aeolian Hall, New York, by Paul Whiteman and his band, with Gershwin playing the piano.
George Gershwin 189837、『ラプソディインブルウ』初演

1934/0212

The Austrian Civil War begins.
オウストリア、二月内亂

1947/0212

Christian Dior unveils a "New Look", helping Paris regain its position as the capital of the fashion world.

1961/0212

Soviet Union launches Venera 1 towards Venus.

1968/0212:ベトナム戦争:フォニイフォンニャットの虐殺


Phong Nhị and Phong Nhất massacre. ベトナム戰爭中の南ベトナムのフォンニイ・フォンニャット村で、大韓民國海兵隊第二皆兵師團が起こした、非武装民間人數十名の虐殺事件。
当日、この村を訪れた韓國海兵隊第二皆兵師團=青龍部隊は、村の婦女子を集めると至近距離から銃殺、刺殺して火を放って立ち去った。その日のうちに、アメリカ海兵隊員4名と南ベトナム兵26名が現場に到着、生存者を手阿知し病院に搬送した。また、現場の撮影をおこなった。当時、この村はアメリカ海兵隊とは友好関係にあり、男子は南ベトナム軍に參加してゐたゐた。
・0225には韓國海兵隊によって『ハミの虐殺』が引き起こされた。ハミ村の婦女子や老人、1335人が虐殺された。殺害方法は、村人を廣場に集め、一齊に射撃したり手榴弾を投げつけるといったものであった。
・アメリカ陸軍參謀長は韓国軍に調査報告を繰り返し求めたが、韓国軍は「韓國海兵隊の軍服を着たベトコンの陰謀」と返答した。これは韓国国内で韓国政府がおこなった『聞慶虐殺事件』『保導連盟事件』で共産主義者に罪を着せたのと同じ言ひ譯であった。この報告にアメリカ軍は觀察調査をおこなひ、1970/0110にこの虐殺事件が韓国海兵隊によるものであることを明記した。
https://is.gd/gFSwGO

1974/0212:ソ連、ソルジェニチン、國外追放

Aleksandr Solzhenitsyn is exiled from the Soviet Union.
ソルジェニチン=Александр Исаевич Солженицын 191808(1970' NobelPrize in literature)、國家反逆罪で逮捕、監獄拘留、翌日、「国家反逆罪」で市民權剥奪後、八名の國家公安委員会職員の護送で飛行機に乗せられ、西ドイツのフランクフルトに降ろされ、國外追放。こうした國外追放は1929の Лев Троцкий 187940 以來のことであった。
{この人の一生も、もの凄い。Fyodor Dostoyevsky 182181 以上の經歴。

1984/0212:植村直巳、マッキンリに消息を絶つ

植村直巳194184、北米マッキンリの冬季單獨登頂に成功。するも、下山中に消息を絶つ。
{この人も經歴を讀んでみると、もの凄い一生だ。



Art of Heart ∈ 思考 69 空想 ∋ Word of World