ノーベル文学賞、村上春樹またも …… 『本日の日本』2016/1013

ノーベル文学賞が今年もたのしませてくれた( Bob Dylan の受賞については別に書く)。

毎年落選の(ほんたうに有力候補なのだらうか?と疑ひたくなるが)の憂き目に、地團汰を踏むハルキストらの呪ひと愁ひにみちた失望の有樣を見聞きするだけでも、ノーベル賞財團に感謝の拍手を送りたくなります。それから、英國ラドブロークスのオッズで、村上春樹を一番にあげて、無駄金使った方々にも。來年もよろしくお願ひします。


と、なぜか嬉々、浮々として書きつけながらも、このすっかり秋の行事と化した「ハルキ」祭を今後も繼續させるためにも、そろそろ新たな候補者を立てるべき時ではないだらうかと愚案浮かび、私なりに人選してみました。
折角、ハルキストといふ中核ができてゐるのですし、世界中に浸透したハルキムラカミの文名のチカラタカラも借りるべく、ハルキつながりで、

ノーベル賞、村上ハルキがダメならば、
はりきっていけ、野田や角川 




Word of World ∈ 思考 69 空想 ∋ Art of Heart
狂歌師が食っていける日が來ますやうに
むらさき 69 さけぶ