アメリカの醜態『本日の日本』2016/1010

{アメリカは日本ではありませんが、日本のやうなものですので、

Hillary Clinton と Donald Trump とのアメリカ大統領選挙も終盤戰となり、いよいよ白熱、いよいよ泥仕合となり、佳境と呼ぶにはあまりにも「唇寒し」修羅場と化し、
アメリカの全部が(メディアもこの毒氣にすっかり冒されてしまったやうで)この痴話茶番劇の渦に卷き込まれての狂騷状態、なんと大統領選挙によって自分の醜態を世界中にさらけだしてゐるアメリカに、
この祭りの後、どちらが勝ったとして(最低と最惡のいづれかが勝つことになるのだから)、アメリカはどうなってしまふのか、そのアメリカに引きづられて世界はどうなってしまふのか、おほいに懸念と危惧とを抱かざるを得ない。
ま、その分析と惻言は後日といふことにして、

以前から「トランプってあのトランプだらう?」と(狂歌制作のために)少々氣になってゐたことをこの際と思って、Trump を辭書にあたってみた。

trump 「n. 他の札を全部負かす札とした切り札(カード); 他の札よりも高く位置付けた札(カード); 偉人; 最終手段; トランペット, トランペットの音色(古語, 詩)。v. 切り札で取る; 切り札を出す(カード); しのぐ」
と私の辭書は解説した。なるほど「なんだか姓名判断になってるじゃないか」と思はれた。

金髪の赤鬼のやうな外見の男に、この Trump のいふ姓もアメリカ人には無意識のうちに作用してゐるのではないかと思はれたのである。

オンラインの辭書でも「トランプの切り札、切り札の組、奥の手、最後の手段、すばらしい人、好漢」とあった。
アメリカの「奥の手、最後の手段、トランペットのやうにすばらしい人」と一般大衆のアメリカ人は Trump といふ名のその人に幻想を抱いてゐるのではないか。
この Trump の意味に本人が少しでも合致してゐるところがあったら、彼はラクラク樂勝への道をひた走ってゐたであらう。アメリカを救ひだす金髪の、碧眼の、黄金製のトランペットのやうな英雄となってゐただらう。

だが、どうみても(私が見るところ)この男は Trump よりも Donald だった
どういふ意味かって?、この金髪の赤鬼をよく見て、それで直感できないなら、私の説明を聞いてもムダだらう。

また、
trump には隠れた意味として「捏造した」といったニュアンスもあるらしい。増々以て姓名判断となってゐる。
trumpery となると、それが露骨になり「見かけ倒しのもの。たわごと、ナンセンス」の意味になる。また、
trumpet にも、喇叭を吹くといふ意味とともに「吹聽する、喧傳する」「自畫自贊する人、自己中心的な人、自惚れてゐる人」「放屁」まで、あまりいいニュアンスではないらしい語感となる。
また、
trumpet the news には(英辞郎によれば)「そのニュースを大々的に[得意げに・鳴り物入りで]発表する、〔メディアなどが〕そのニュースを大々的に報じる」とあるから、アメリカのメディアもどうやらトランペット氣分に冒されてしまったのであらう。

すべては今回の大方の予想を裏切ったトランプ現象の原因は、Trump といふコトバのチカラタカラ、人の意識の裏か底かで作りだされる無意識の働きにあったのである。

まことにもって、彼は Trump たるにふさはしい生まれついてのトラブルメーカー。トリックスタアと云ってもいいキャラクタであった。
大統領選挙に敗れれば、彼はトリックスタアの役割を終へてアメリカを活性化して姿を消す負性の文化英雄として名を殘すことになるだらう。歴史の女神をはじめとして、みなそのつもりであった。が、Vox populi, vox dei もしも勝てば彼は來たるべき世界のトラブルメーカーとなって、今後少なくとも四年間は世界中を攪拌して混亂させる主となる、だらう。

ついでに、わが杞憂を、王樣の裸を指摘するやうに云へば、Trump は切札として誰かに使はれるもの、Trumpet は誰かによって吹かれるものであり、 ―― さうした背後関係といふか運命もすでに trump といふ語のなかに見えてゐる。
trump に味を占めて、Clinton も調べてみた。が、こちらは Bill や Hillary が出てくるばかりで、clint で切ってみても男子の名(Clint Eastwood など)としか私の辭書には載ってゐない。
一つだけ熟語として、Bill の不倫騒動の時にできたのであらう「Clinton effect」「Clinton fatigue」と云ふのが見付かったくらゐであった。

そんなことより、おもしろい(Bill と Hillaryの)逸話が見付かった。
Bill と Hillary が故郷に錦を飾った時、Hillary のかつてのボウイフレンドが經營するガソリンスタンドに立ち寄った時、ビルは傍らのヒラリイに「彼と結婚してたら、きみはこんな所のガソリンスタンド經營者の女房になってゐたんだね」と云った。彼女は(きっと侮蔑的に顏をそむけて)「もしさうだったら、彼はガソリンスタンドの店主じゃなくてアメリカ大統領になってゐたわ」と(きっとツンとすまして)答へたのださうだ。

この夫婦の會話を誰が聞いてゐたのだらう?と私などはすぐに疑ってしまったが、ともあれ、まるで、司馬遷の『史記』など、中國の史書に出てくるやうなよくできた逸話じゃないか、と思った私は(侮蔑的にツンとすまして)「Hillary ってアゲマンだったんだな」と改めて感心したが、もとよりそれは彼女の器の大きさを測り定めようとする私の彼女についての皮肉なつもりの評言だったのであった。


| 白きハト、羽ばたき出でぬ 奇術なら。トランプカアド、ヒラリ開けば |





Word of World ∈ 思考 69 空想 ∋ Art of Heart
狂歌師が食っていける日が來ますやうに
むらさき 69 さけぶ