日本語のチカラとタカラ:日本人と英語


どうして日本人は英語が身に付かないのか?


日本人に外國語(漢語も英語も)が身に付かないのは、「身に付かないのではない、身に付けないのだ」といふのが私の獨創的な見解である。
おそらく、日本人に英語をはじめとする外國語が全然と云っていいほど身に付かないのは、至れり尽くせりの飜譯文化のせゐではないだらうか(いや「おかげ」と云ったはうが私の主張には合致してゐる)。

日本が始まる頃、文字を中國の漢字に借りて、それで日本語を表記することにおほいに苦勞したが、そこからひらがなとカタカナを工夫し發明して、日本語をそのまゝ守りながら文字表現を手に入れていったのであった。
それは、日本語で中國文化を原文のまゝに讀みくだす、漢文をそのまゝ讀解、同時飜譯していくやうなたくみな方法であった。さうして、やがて、日本人は漢文を中國語ではなく日本語として讀解できるやうになってゐた。言葉は話せなくとも文字で通じた。みごとな工夫と發明であった。
この成功體驗が、日本人に飜譯を海外異國の文化受容の方法として身に付けさせてしまったのではないか。

明治維新、日本人は日本語とはまったく系統の異なる西歐語の受容を、それを原語ではなく一々飜譯するといふ手間暇のかかる方法でおこなったのは、おそらくかうした過去の成功體驗が本能的に明治の日本人に働いてゐたのである。
彼我のあまりの相違が、今度はまったくの飜譯といふ方法を採らせた。その時、彼等の飜譯を助けたのは、漢字の造語能力であった。これにカタカナを加へて、西洋文化は隅々まで日本語に移されていった。
そして、こゝが肝心なところだが、日本語に飜譯された西洋の文化は、西洋そのものとは一種異質なもの、日本文化がハイブリッドされた云はば亞種の西洋文化を作りだすことになったのである。
日本人に多くの世界的な科學者が輩出してゐるのは、この西洋亞種の文化の環境で育ち、西洋人とはよく似てゐながらもどこか異なる感覺で世界を觀察し研究できるからであらう。
私の診るところ、この飜譯による西洋文化の日本化により、日本獨自の西洋化がなされたことで、日本は非西洋の國家や民族で唯一近代西洋に伍していける國家になったのだ。

穿った見方をすれば、日本人に英語が身に付かないのは、この長き傳統の飜譯文化のせゐかも知れない。
敗戰後の今も盛んに續いてゐるこの飜譯文化(さらにはマンガによる繪解きまでいってしまったホンヤク文化)、これをやめれば日本人は英語など簡單に身に付けてしまふだらう。
しかし、その時には、日本人は或意味もっとも貴重な文化的才能を喪失してしまふことになってしまふだらう、と笑談半分ながらも私の眞劍なる危惧と懸念とではある。

 追伸
もうすぐ Translating device が實用化します。それまで(ほんたうにもうすぐですから)今のまま、英語身に付かずのままを保持してください。まあ、私が懇願するまでもなく、日本人の英語苦手は續いていくでせうが。
それより、心配なのは、日本人の日本語の能力の低下のはうです。外國語だけでなく、日本語の文章、それも僅か數十年前の日本語が讀めないといった現状です。飜譯文化(の功罪の罪のはう)が、こんな皮肉なかたちで日本人の日本語力を低下させてゐるとは、なんとも皮肉なものです。日本人よ、日本に目覺めよ。

wing Purple

Art of Heart ∈ 思考 69 空想 ∋ Word of World
むらさき 69 さけぶ