アベノミクス「三本の矢」失望を狂歌落首

{昨日のアベノミクスの「三本目の矢」の内容があまりにも酷いものだったので、腹立ち紛れに落首狂歌



昨日の午後、日本期待のアベノミクスの「三本の矢」、その最後の(決め手となるべき)一本が放たれたが、その内容たるや、あまりに見窄らしく、破魔矢程度の效果もない代物でしかなかったことに、投機家は失望して日本売りが苛烈なものになってゐる。これではアベノミクスは日本の富を海外に流出させるためにだけ働いたやうな結果になってしまった。

市場は投機家の修羅場となり、刈られていくのは遲れて驅けつけてきた日本の一般投資家なのであらう。
そんな阿鼻叫喚の竝ぶ掲示板のなかに、こんな投稿があった。
「(このところの株式相場の亂調ぶりについて)頭を落とされた大蛇のような動きは、現代日本の世相に十分マッチする、非常に似つかわしい光景だと思います。風流ですね。詠む才能がなくて悔しいです。」
 ―― なら、オレが代はりに詠んでやらうと、

カマイタチ! ヤマタオロチにのたうって、8の字描く「ヂゴク∞ゴクラク」

三本の破魔矢のチカラみすぼらし、アベノミックス、的もはずして



↑ Art of Heart ――――――――― 思考 69 空想 ――――――――― Word of World ↓