Word of World:連休明けにおくる『思想の花束』 :Art of Heart



GoldenWeek 明けにおくる『思想の花束』、『比喩と揶揄』をかねて

 ―― クレタの人はウソツキだとクレタの人が云った ‥‥ 

Mendacem oportet esse memorem 嘘つきはよい記憶力を持たなければならない。
{そのためにも私はウソツキになった。

ウソツキが受ける罰は、他人が信じてくれなくなるといふだけでなく、他人を信じられなくなる、といふものだ。バーナード・ショウ185650
{それならば、と私はウソツキになった。

使ひ馴染んでくるとコトバは事物の眞理からはるかに遠いところの思念へと導いていってくれる。ロック163204『人間悟性論』
{つまり、コトバに上達すると、ウソをマコトに言へるやうになるってことですね。

學問のあるバカは、學問のないバカよりもバカだ。Molière162273
{つまり、學問はバカげたものではなく、バカそのものだといふことですね。バカ+學問>バカ、なんですから。

ラクをするための努力は決して惜しむな。{「怠惰で、否定的な」私の作と云ひたいところだけど、私ではない(私のやうな)誰か。

若者は怠けさせるな!贅澤の味を覚えさせるな!放蕩道樂酒色などふざけるな!鉄拳と平手打ちで吹き飛ぶような個性など何の役にも立たぬぞ!! ビザンチン皇帝ニケフォラス
{どんな皇帝か全然識らないけど、調べるまでもなくホンモノの皇帝だね。

不幸にあっても王者の生活であった。この生活の精神は、高貴であった。端金などは求めはせず、星を求める生活であった。ヘッセ187762『郷愁』
{不幸と最初に云ふやうじゃ、まだまだ修行が足らない。これは強がりだね。

一人旅の時ほど、ゆたかに思ひ考へ、ゆたかに存在し、ゆたかに私自身であったことはない。ルソウ171278『告白』
{今の私、いやになるくらゐ私一人、實感しております。

最大の災厄はみづから招いたものである。Jean-Jacques Rousseau
{當たり前じゃないですか。自問自答は自繩自縛となっていきますから御用心。

自分が思ってゐるほどには、人間は不幸でも幸福でもない。ラ・ロシュフウコウ161380
{でも不幸とか幸福とか強調して思ったはうが、人生に起伏を、ドラマチックに演出できます。單調のもたらす退屈ほど人生にとっての災厄はありません。

山中の賊を破るは易し、心中の賊を破るは難し。王陽明147228
{昨日の復習です。でも、やっぱり、逆でせう。心は何とでもなりますもの。
かなしみはちからに、よくばりはいつくしみに、いかりは智慧にみちびかるべし。宮澤賢治189633『書簡』
{かなしみ、よくばり、いかり、憲治のやうな人の口からこんなコトバを聞くとなんだかかなしく、つらくなる。

死ぬまでの時間を思ふままに過ごすことができるといふ、無意味な自由だけが私の所有であった。大岡昇平『野火』
{まあそんなものかも知れません。どんな人生も。

明日死ぬかのやうに今日を生き、永遠に生きるかのやうに學びなさい。ガンディ186948
{つまんねえだらう、そんな人生。

生きながら死人となりてなりはてて、思ひまゝにするわざぞよき 至道無難160376
{無難なる至道?者=私よりの返し「よしあしは云はぬがよろし、生きながら死人となれるほどの人なら
 
善もせず、惡も作らず死ぬる身は、地蔵笑はず、閻魔叱らず 式亭三馬177622
{呆れはてたんだらう、地藏も閻魔も。

「私のために死んでくれる子分など一人も持っちゃゐませんが、私は子分のためになら死ねますよ」清水次郎長182093
{同意。私には子分がゐないからね。
出來事とは、もはや決着がついたと思はれた時にやっと始まるといったやうなことがよくあるものだ。ノヴァリス177201
{小説の書き出しに持ってこいだ、特に推理系の小説に。

未來を予測する一番の方法は、未來を作ってしまふことだ。アラン・ケイ
{これと同工異曲に云った古代の大將軍がゐた。
道が見付からなかったら、作ってしまへ。ハンニバル

戰爭の前は憤怒なり、戰爭の中は悲慘なり、戰爭の後は滑稽なり。長谷川如是閑187569
(平和の場合はどうなるのだらう。平和の前は希望、平和の最中は退屈、平和の後は、戰爭となってゐる。

「みんなが少しづつまちがへて、到頭こんなところにまで來ちゃったね」{出所不明。多分、映画。

「いいインディアンとは、死んだインディアンのことだ」{これも、多分、映画。
重きものは輕く扱へ。細川幽齋153410
{といふことは「輕きものは重く扱へ」といふことですね。あ、當たり前なことを云ってしまった。

つひに無能無才にしてこの一筋につながる。松尾芭蕉164494
 &
無能が私の根源だ。Valery187145
{この人たちの「無能」ってどういふ事だったんだらう?、私等は何と云へばいいのか。

稽古とは、一より習ひ十を知り、十より還る元のその一  千利休152291
{世阿彌の「初心」と同じ精神といふことですね。

内に向かってなすべきことをなしてゐれば、外に向かってなすべきことはおのづとなされてゐるでせう。ゲエテ174932
{かうして私は世間から外れて行ってしまった。

私が命を絶たうとした時、それを引き止めたのは藝術であった。自分に課せられたものを完成するまでは死ぬことはできぬ、と思はれた。ベトベン
運命の喉首を締めてやる。運命が私を打ち負かすことなど絶対にさせない。ベトヴェン177027
{いかにもアンタらしい。運命の喉首を締めあげることくらゐ、アンタには何でもないだらう。ダ、ダ、ダーンの三連打だだだー。

なぜ生きるのかさへ解ってゐれば、どんな生き方でもたいがいは辛抱できるものだ。ニーチェ184400
{雌伏の精神ですか。ニーチェらしくもない。

力は、あなたの弱さから生まれるのです。フロイト185639
{コンプレクスの發明者らしい、屈折した御意見ですな。

私はあらゆることを試み、成功は來るに任せる。メルヴィル181991
{でも、成功はやって來なかったね。間口廣くして待ってゐたんだけどね

銀行とは、太陽が照ってる時に傘を差し出し、雨が降り始めるとそれを返せ、といふやうな奴等だ。マーク・トヱイン183510
{あたりまへだ、それがアンタたちの資本主義だ。

ノウベル賞などまるで意味がないが、無意味こそわが文學の主題だから、もらっておくことにする。サミュエル・ベケット190689
{文學賞に關してはこれ以上のセリフはないだらうが、やっぱり貰はないはうがカッコよかっただらうな。

見せびらかすのではなく、仄めかすこと。これぞ、無限なるものの祕訣なのだ。岡倉天心186313『東洋の理想』
{やっぱり素っ裸より羅紗の一枚でも引っ掛けさせて欲望するはうが、エロチシズムでせうよ。

「解かれることを望まない謎だってあるさ」Edgar Allan Poe 180949『盗まれた手紙』
「謎は美しく解かなければならぬ」これは『かなしむちから』を作った時の私のセリフです。

美しいものには、相反するものの樣々な一致が含まれてゐるものだが、特にそこには瞬間的なものと永遠なるものとの一致が祕められてゐる。ヴェイユ190943『重力と恩寵』
{一致ではなく、私は「かさなり」だと感じました。「うつりゆく時のとどまるやうにして、その永遠なる樣のうつくしさ」

空家となった田舎の風呂場のやうな煤けた、蜘蛛の巣だらけの小部屋 ―― これが「永遠」だと想像してごらんなさい。ドストエフスキイ182181『罪と罰』
{そこに愛する女がゐたと想像してごらんなさい。ヂゴクゴクラク、樣變はり

一切が終ったら、遠ざかることだ。カミュ191360
{性交の後のことだと思ったけど、さうじゃない?のか、な
「うつくしい手、なにもしなかつた手」{自分の墓碑銘用にと酒呑みながらツラツラ苦心して作ったのに、墓なんぞ作れる身分ではないのをマルっコロっ忘れてゐた。

See you next !



↑ Art of Heart ――――――――― 思考 69 空想 ――――――――― Word of World ↑