「ことば/言葉/言刃」:『比喩と揶揄』より


「コトバ、言葉、言刃」 (『比喩と揶揄』より


コトバは、いまや「言葉」ならず、もはや「言刃」

鋭く尖る 兩刃の劔、切って切られて、キリキリ
舞ひの櫻錯亂、花吹雪、鐘は上野か淺草か
冷たく光る レーザーカットの鎌の月 ギリギリ
迫る年の瀨大晦日、越すに越されぬ大井川

サムラヒニッポン、葉隱れ武士は、楊枝削りの手内職
大小二本、中は竹光、銀箔の、志イカンと問はるれば、
「タマシヒはたとへば狂句、キリギリス」

ことばことのは、ことだま、こだま
ことばうらはら ことだま まこと
みことみごとに 闇雲に切り裂く刃、
わが言刃。獅子吼龍吟、甘露醍醐味
(未完)

   かへし

わが言刃「レザーカットの柳刃包丁」「ことばはコダマ、まことコトダマ




 Art of Heart ――――――――― murasakiCube ―――――――――― Word of World