山供養する野火立ちて:『やまとまほろば』


2013 0225

翌朝(今朝の事だが)、高圓山の麓に野火の煙が立った。
英靈の山への供養のやうであった。
紅梅も近くに咲き添うて(近々観に行ってみよう)


 我が代はり、山供養する野火立ちて、紅梅添ひぬ。仰ぎ拜みぬ



Art of Heart ――――――――― murasakiCube ―――――――――― Word of World