キナ臭い感じもしてきた?平城遷都1300年記念事業

 renew 080412
平城遷都1300年記念事業に、新たな動きがあつた。
官の或種横暴な態度に民からの反撥により、きなくさい感じに火が点いた感じで、聖典であるべき遷都一三〇〇年記念事業が「おもしろうてやがてかなしき「滑稽にして悲慘」なる樣相を呈しつつ、にぎにぎしくも第二幕が始まった。
斷るまでもないが、私は官民これらの組織とは一切何の關係もない。獨立獨歩、孤立無援、天上天下唯我獨尊如是我聞、云はば天からの聲「きよきまなじり*つよきまなざし」を氣取って「眞摯に、深刻に」、絶對的な立場から亡國日本の形見となるべき構想&造形に目下鋭意努力中。


4月12日7時0分配信 産経新聞
平城遷都祭キャラ、市民グループが独自公募へ
平成22(2010)年に開催される平城遷都1300年祭のマスコットキャラクターに対し、地元のデザイナーらでつくる市民グループが反発し、近く、独自 キャラクターの公募に乗り出すことが11日、分かった。JR奈良駅前(奈良市)の商店街振興組合なども、新キャラクターへの“相乗り”をさっそく決定。異 論を呼ぶオリジナルのマスコットに対し、ついに市民が「ノー」を突き付けた格好で、今後もこうした“包囲網”は広がりそうだ。
3月29日20時56分配信 毎日新聞
県などでつくる平城遷都1300年記念事業協会が2010年に開く「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクターが話題を呼んでいる。注目が高まった きっかけは市民から「可愛くない」などの意見が続出したこと。だが、批判の声は好き嫌いにとどまらず、選定過程の非公開性や費用が高すぎなかったかという 点にまで広がっている。協会はこうした声にしっかり応えているだろうか。【中村敦茂】→本文

こんなのはダメだ!
 もつと眞摯に、もつと深刻に


平城遷都1300年記念事業

私的に
亡國日本救済事業

すべく
きよきまなじり
つよきまなざし

なりて

(乞ふ!御期待)

Art of Heart ∈ 思考69空想 ∋ Word of World